BLOG ブログ

刺激を受けたある方の言葉。

先日の、行って帰ってのニューヨーク旅で

時差ぼけが取れぬまま、カラダと頭が、ぱきっとせず。

やることがたくさんあり、何から始めていいやらで

心がザワザワすることありませんか?

このブログでも、書きたいこと
みんなに伝えたいこと たくさんあるし、
大事なことほど、ちゃんと書かないと、伝えないと。
という変な観念にとらわれ、進まないもので。

やらねばならないことも、どんどん湧いてくるのにね

そんな私に、ツバル共和国に住む
昔からの仲間が、いいアドバイスをくれました☺︎


私、NYでは少ない滞在時間の中でも
何か刺激を受けたくて

〝Unfinished〟
という絵画展を見てきました☺︎

ピカソ、セザンヌ、ダビンチ、レンブラント、ゴッホ
草間彌生さんなどなど


巨匠たちの未完成に終わったままの作品たちを集めた素晴らしい展覧会で


面白い切り口!さすがNYですよね

ただの未完成でしょ、と思うかもしれません。
が、何がスゴイって

目の前で見ると

作品としては未完なのですが、
目に見える形で残されたその描き手の想いが溢れ出ていて
そのエナジーに圧倒されます

個人的にはクリムトの女性を描いた未完のものが
今でも目に焼き付いています


クリムトはどんなドレスをこの女性に着せたかったのだろう...想像力がたくさん膨らみます

そんな感動の数々をその友人に話していたら

「やることが多すぎて、気持ちがザワザワするときは、
やりたいことを書き出して、優先順に並べたリストを作り、
上から順番に片付けていき、終わったら横線引いて消していく。
3本くらいその横線が見えてきたら。。。落ち着いてくることが多いですよ。

まずは、全体像を把握できるようにすることが大事。

あとは、頑張り過ぎないこと!

たまにはUnfinishedで良いかもね」

なるほど。

たまには、unfinishedでもいい。

それくらいの思いでがんばりすぎず、やっていく。

すごーく、気持ちがラクになりました

感謝。


さすが、あの美しい島 ツバルに住む愛すべき仲間です!ツバルは温暖化の影響で、
世界で1番初めに沈んでしまうかもしれない と言われている、人口1万人の国です。

温暖化のレポートで私も1度訪れましたが、
海、夕陽、大自然、も素晴らしく人々の笑顔も最高で♡

そんな国が、自分たちの責任ではないことで沈んでしまう...
その儚さをいつも胸に持ち生きている仲間...

ツバルの話はまた書くとします




メトロポリタン美術館の別館として3月に出来たばかりのメット ブロイヤーは、
あまり大きくなくて見やすい美術館です。
この展覧会は9/4まで

http://www.metmuseum.org/exhibitions/listings/2016/unfinished

  • 08月25日 09:22