BLOG ブログ

儚さゆえの美しさ


立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花〜

と、昔から美しい女性の立ち居振る舞いの例えに

芍薬はつかわれますね✨


蕾のうちから飾りますが、花が開き始めると

あっという間に大輪に咲き誇る芍薬

そして、ひとつの花びらが落ちれば、あれよあれよという間にすべて落ちてしまいます

花の命は短いけれど、それはそれは美しく、
幸せな気持ちにさせてくれます✨

ずっと咲いていてくれたらよいのに✨といつも思ってしまいますが、儚いゆえに、その美しさも何倍にも感じるのでしょうね✨

  • 06月10日 00:43