BLOG ブログ

さよなら博多。また秋に来ます~サザエさんで☺︎


博多座 千穐楽を迎えました。


ご観劇いただきました皆様、ありがとうございました✨

劇場ロビーでの決まり事で、お客様からの写真や握手のお願いは申し訳ないことですがお受けできませんでしたが、
帯や着物のことでお声がけいただいたりも☺︎


演目は、湧昇水鯉滝  ご存知、鯉つかみでしたが、嬉しいことに、本当に 拍手喝采!盛り上がっておりました!

お客様からは

「早替えの早いこと早いこと!花道が長い博多座なのに、どうなってどうなったらあの速さで衣装も顔も、カツラも変えられるの?!神出鬼没!」

というご感想が多くて、愛之助も喜んでおりました。

日々感じておりましたが、スタッフさんとのチームワークが見事で!

五人ほどに囲まれ、わかりやすく言えば、まるで

F-1のコックピット状態❗️

誰の手が間違っても、休んでも、間に合わない世界。
息のつけない中での早替えです。

そして、鯉との格闘は 本水使いで、
愛之助演じる志賀之助や、鯉の中にいる片岡佑次郎さんだけでなく、お客様も共にびしょ濡れです 笑

鯉つかみレポートはこちら 

[ぷちレビュー]花形歌舞伎『鯉つかみ』 片岡愛之助さん会心! 極上のスペクタクルに博多座沸く


志賀之助の衣装や、鯉の素材は水に濡れると、とんでもなく重くなり、その中での格闘。
どちらもものすごい体力を要します。 

水は温水でなく、普通の冷たいお水です。
温水にすると、上がってから冷えてしまい逆に風邪を引いてしまうとのこと。

カルキ抜きや消毒などで、目も弱り、 日々、ウサギのように🐇赤くなり、抗菌目薬のお世話になっています。

舞台が終われば、今度はスタッフさん方がとても大変で、ビショビショになった舞台の後片づけ。
二回公演の時など、想像を絶するほどバタバタでしょう。

舞台は、役者だけでなく、くろこさんをしているお弟子さん方や、
舞台スタッフさん、誰が欠けてもできません。裏にいると、それがよくわかります。

有難いことです。
皆さま、本当にお疲れ様でした!

歌舞伎の現場のことなど、わかります✨

六代目片岡愛之助Instagram
本日は声で出演?しています 笑

さてさて

今月は、行ったり来たりでしたが、のべ、だいぶ博多におりましたよ☺︎

美味しいものも日々いただき、腹筋、柔軟もホテルの部屋の中で欠かせませんでした 笑

そしてそして、

こちらの方は、本当に心根が優しく面倒見が良く、ホットな方が多いですね!大変お世話になりました☺︎

知人もだいぶ増えました!

今度は、自身の舞台でここにやってきます。

9月の明治座終わりで、

9月28日から10月13日まで、博多座でサザエさん❣️


とても楽しみです✨博

受け付けにいても、今度待ってますよ~と多くの方がお声がけしてくださりました♬
嬉しい!

ありがとう😊


舞台サザエさん公式ホームページ

日程決まりました!

今回は、東京 明治座と、長谷川町子さんの故郷 九州でやります! 博多にはサザエさん通りがありますね。

関西、東海では予定していないので残念ですが、ぜひこの機会に、どちらかにいらしてくだされば嬉しいです。

では。

  • 03月24日 14:47